MONO-LOG

PCやiPhone関連を中心に、私が気になったことなどを紹介します

【iPhone】体重・体脂肪率はショートカットアプリで記録するのがおすすめ

Nintendo Switchのリングフィットアドベンチャー をはじめたので体重や体脂肪率を記録して成果を確認することにしました。成果が上がるとやる気につながりますからね。iPhoneにはヘルスケアアプリが標準で存在するので、ショートカットアプリを使って記録することにしました。

 

 

 

ヘルスケアアプリとは

ヘルスケア App は、iPhoneApple Watch、普段使っているほかの App からヘルスケアデータを集めて一括管理できるアプリです。

歩数や歩行距離、走行距離を自動的に計測したりしてくれます。

また、Apple Watch でアクティビティデータを自動的に記録できます。その他、ヘルスケアアプリに対応したアプリやデバイスからデータを取り込むこともできます。

ショートカット

もともとショートカットアプリのギャラリーに体重を記録するショートカットが存在します。

f:id:Grune00:20191028190619p:image

しかし、体重しか記録できません。

というわけで、このショートカットを流用して体脂肪率を入力と、ついでにBMIボディマス指数)、LBM(除脂肪体重)を計算して自動入力するようにしました。

体重・体脂肪率を記録するショートカット

信頼されていないショートカットを許可されている方は以下のリンクでショートカットを取得できます。

Shortcut

ショートカットの内容は以下です。

f:id:Grune00:20191028221624j:image

f:id:Grune00:20191028221634j:image

f:id:Grune00:20191028221648j:image

f:id:Grune00:20191028221924j:image

使用する前に設定すること

  • ヘルスケアアプリのアクセス許可

ショートカットアプリにヘルスケアアプリのアクセスを許可してください。入力した値を設定するのに必要です。

  • 身長

身長は固定値で1.65(m)と設定しているため、ご自分の身長に合わせて変更してください。

f:id:Grune00:20191028223150j:image

使い方

実際にショートカットをウィジェットから起動すると、以下のようにそのまま入力でき便利です。

ウィジェットから「体重・体脂肪率を記録」をタップします。

f:id:Grune00:20191028223855j:image

②体重を入力します。

f:id:Grune00:20191028224017j:image

体脂肪率を入力します。

f:id:Grune00:20191028224048j:image

④ヘルスケアアプリが起動され入力結果を確認できます。

f:id:Grune00:20191028224326j:image

※右上の変更をタップし、よく使う項目を編集ですぐに表示させたい項目に★をつけると概要に表示されます。

f:id:Grune00:20191028225130p:image

入力を誤った場合

入力を誤った場合は以下の方法で削除できます。

①ヘルスケアアプリから対象の項目をタップする

②下の方にある「すべてのデータを表示」をタップする

f:id:Grune00:20191028225809j:image

③誤ったデータを左にスワイプすると削除と表示されるのでタップする。

f:id:Grune00:20191028225811j:image

 

以上です。単純にアプリを起動して入力するよりもお手軽なので、ぜひ使ってみてください。